Sunta Life(サンタライフ)

風と波と自分の心に耳を傾け、 あなたが求めていることを“制限なく描く” アイランドコーチング で ココロ踊る人生 を

Produce by Yuko Nakayama
Personal Coaching パーソナルコーチング あなたのキャリアアップ、夢現実、目標達成に
Island Work アイランドワーク 人生が加速する特別な島旅に出かけよう!
【7月4日〜5日】童心に還って自分を好きになるアイランドワークin 式根島
2020年7月4日(土)〜5日(日) 開催

【7月4日〜5日】童心に還って自分を好きになるアイランドワークin 式根島

子供時代の原体験をもう1度 島の自然とグランピングで非日常を味わいながら あなたが求めていることを“制限なく描く”体験を送りませんか? 【アイランドワークとは】 アイランドワークは、 人生を楽しみたい …

申込受付中
〜手を動かして心と未来を知る〜 五感で作るコラージュ 
2020年5月16日(土) 開催 ワークショップ

〜手を動かして心と未来を知る〜 五感で作るコラージュ 

パンデミックで働き方や暮らしが大きく変わろうとしている今は 人生で大切なもの、本当の幸せに気付き、生き方を見直すチャンスです。 コラージュというツールを使いながら、 人生で大切なもの、本当の幸せに向き …

イベント開催済
1人の時間を大切に過ごす
コーチンング
2020年2月25日 更新

1人の時間を大切に過ごす

ONとOFF 静と動 陰と陽 これらは両方必要。 どっちがかけてもうまくいかない 私はコーチングで人に会い、 イベントの主催もして大人数で過ごすことが多い。 SNSではそんな賑やかな投稿ばっかりしてい …

移動距離と場の力が体験と学びの価値を高める
アイランドワークコーチンング
2020年2月13日 更新

移動距離と場の力が体験と学びの価値を高める

先日、距離と時間の神様がいるという話を聞きました。 学びの価値は移動距離に比例する。 私も本当にそうだと思います。 コーチングスクールにも地方から参加している人たちがいました。 その方々のエネルギーと …

Facebook

日々の情報はFacebookで配信しています。

Sunta Life 代表 アイランドコーチ 中山由己 PROFILE プロフィール

日本大学芸術学部音楽学科卒業後、不動産会社に就職。
その後、20代は自分の適性を求めて、広告営業、企画・営業事務など、さまざまな職種を経験。
ビジネススクールの広報アシスタント時代に「コーチング」と出会い、自身の適性や価値観を発見。
コーチングの魅力に目覚め、平本あきお主宰「プロコーチ養成スクール チームフロー」で学び認定コーチを取得。プロ・コーチとして独立し、Sunta Lifeを設立。

Coaching Before

終わりのない自問自答、苦しかった20代

20代は苦しかった! あのころの私は「ハムスターが、カラカラと、回し車で果てなく走っている」イメージです。 転職を繰り返しながら、自分が何に向いていて、何がやりたいのか。いつもモヤモヤしていました。 ただ職場では明るくふるまって、終電まで働く日々。体をこわして入院したこともありました。 「自分はいったい何がしたいんだろう?」「何かやれることがあるはずなのに」、本心では焦りと苦しさを抱えたまま、何年も過ぎていきました。
そんなときに出会ったのが「コーチング」。 私はセッションで、ようやく自分らしさを発見して、はっきりと整理することができました。 例えば、対話を通じて無意識のうちに連発していた言葉があったんです。 それは「風」。風のように縛られず、自由でいたい。風のある場所が好き。風が吹くことで物事がクリアになっていく。
それが私のキーワード。私らしさを表す一つでした。

Coaching After

オーストラリアで見つけた使命(ミッション)

30代初めの年はワーキングホリデーでオーストラリアへ。 まさに大地で「風」を感じながら生活をする、幸せな1年間でした。 楽しみながらも、日本のことを思う機会が何度もありました。 オーストラリア人に比べて、勤勉さでは圧倒的な日本人。 残業や満員電車をいとわず働くサラリーマンやOLの友人たちを思い浮かべ、日本の資源は「ヒト」なんだな…と考えるように。
あるとき現地の日本人留学生に「日本には全く魅力を感じないから、日本では働きたくない」と言われたんです。 あまりのくやしさにカッと熱くなりました。 帰国後「日本のヒトを元気にしたい。それが出来るのはコーチングだ!」と決意、 コーチングを学びはじめました。 そして気づいたら、いつのまにか自分の未来に希望が持てるようになっていました。 また「本心を伝える」ことにも苦手意識がなくなったんです。 身に着けていた重い殻をちょっとづつ外して、私らしさを取り戻したからだと思います。 今は、毎日が心から楽しいです!

魅力的な人を増やす! 楽しそうな人を増やす!をモットーに自分自身も<魅力的で楽しそうな人>であり続けたいと思ってます!